• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • またまたスケート
  • 前回、City Hall前にてスケートを楽しみ、翌日筋肉痛に悩まされながらも、スケートの楽しさと気持ちよさにすっかり虜となりました。
    昨日は、これまた名所スケートスポットHarbourfront Centreへ行き、スケートをしてきました。

    私とだんなを含め、いい年をした大人たち5人で連れ立って行きました。
    5人中、2人(そのうち一人はだんな)は今回が人生初スケートということでしたが、その2人してリンクに向かう道中「ジャンプとかってしていいの?」「俺、回転やってみようかな」などと無邪気に話していました。無知って怖いものなしです。

    午前中は大雪だったのにもかかわらず、休日だけあって結構な賑わいでした。
    P1060990.jpg

    ここもリンクは無料、靴のレンタル料金は一人7ドルとCity Hallよりも3ドルだけ安いです。
    しかも一度借りたら時間制限なし。一日中ゆっくり楽しみたい人にはいいですね。
    この日だけなのか、少なくとも私たちがいた間には製氷が一度もなかったことだけが難点。

    オンタリオ湖を眺めながら滑るのはなんとも気持ちいい♪そして湖畔は風が冷たい、というのを改めて実感しました。
    最初に豪語していた初心者2人は案の定、の結果。ただ、転んでもまったくひるむ様子がなく、滑っては(というか歩いては)転び、を繰り返しいました。なぜあんなにひたむきになれるのかが不思議なくらい。

    P1060992.jpg
    気づくと夕日がさしていました。キレイ。

    そして、その後は友人宅で飲み会。むしろこっちの方が本番だったりします。
    のんべえ的にはスケートは、美味しく食べ、美味しく呑むためのきっかけらしいです。


    スキーよりも気軽にできるし、いい運動になるし、転んだとき痛いのを除けば本当にスケートは楽しい♪
    邪念が入らないから、いいストレス解消にもなるような気がするし。
    日本に戻ってもやってみようかな、と思ったりしてます。


  • 優雅なアフターヌーンティー
  • 念願のアフターヌーンティーをしてきました♪

    トロントでやり残したことは?というお友達の質問に「しいて言うならアフターヌーンティかな」と言ったところ、そのお友達お勧めのWINDSOR ARMSに女子3人で行こうという話しが12月に持ち上がりました。しかし12月中旬からホリデーシーズンで料金が高くなっていたため、年明けまで待つことにし、ついに行ってきました。

    P1060926.jpg
    建物自体はそんなに大きくないのですが、中に入ると重厚感のあるステキな雰囲気。

    私たちはFull Teaなるメニューを注文。好きな紅茶を選びます。
    せっかくだからと、3人で別々のお茶を注文。
    私はアールグレイwithローズにしました。
    P1060928.jpg
    薄いティーカップで飲む紅茶って不思議と美味しく感じます。

    私たちは13時からスタートしたのですが、他のお客さんもいて適度な賑わいでした。
    こういうところって、しんとしすぎると緊張してしまいそうでしたが、そんなこともなく、写真も全然OKでとってもリラックスしてお茶を楽しむことができました。
    P1060927.jpg
    貴婦人気分を味わえる帽子もレンタルしています(たしか5ドルで、その料金は寄付されるとか)。たのしそう。

    そして、いよいよ3段トレーが登場!
    P1060929.jpg
    ウエイターさんが各自のお皿に一つづつサンドイッチを取ってくれて、スタートです。
    スコーン、ゴートチーズのキッシュ、サンドイッチ(ルッコラとアスパラ、スモークサーモンとイクラ、チキン)、ケーキ各種。ああ幸せ。

    ずーっと話に花を咲かせていると時々ウエイターさんが紅茶のポットにお湯を差しにきてくれるので、ついつい長居してしまいました。スコーンも大きいし、結構な量なので、食べきれない分はお持ち帰りにしました。

    この、食べきれないときはお持ち帰り用に包んでくれるサービス、ほとんどの飲食店でやってくれることに最初は驚きました。日本ももっと普及すればいいのになぁ。


    もちろんトロントでは初のアフターヌーンティー。
    人生でもこれが2回目なので、大興奮でした。
    トロントでは初ではないかというくらいに、張り切ってオシャレをして出かけました。
    そういえば、日本から一応着物を持ってきていたのですが、一度も袖を通さずじまいでした。トロントの街中を着物着て歩いていたらかなり浮く(着物着てトロントをぶらついている人はみたことありません)し、ドアtoドアでもない限り、着物が汚れるからむしろ着て歩きたくないと思ってしまいます。

    物欲はこの一年でずいぶんなくなったと感じていますが、食べ物に対する欲求は別物のようです。

    とにかく、大満足のお茶会でした♪

  • ここ最近のたべもの覚え書き
  • 最近、トライしたものでおいしかったもの。

    ①チャイナタウンのスーパーで買った豆板醤とラー油(っぽい香味油)。
    P1060893.jpg
    お友達が「こっちで辛くない豆板醤を買ったらそれがめちゃめちゃおいしかった」というの聞いて、そんなにおいしいなら、とついつい買ってしまいました。本来はもう新しい調味料は増やさずに冷蔵庫にあるものを使い切るようにすべき時期なのに。
    でもこれが、すばらしい活躍をしてくれています。豆板醤はすでに味が調っていて、まろやかで濃厚でおいしいのです。辛くないので、ものすごい勢いで消費しています。
    この二つの調味料で作ったマーボー豆腐が超簡単でおいしいかったです。
    ごま油とにんにくとしょうがを熱し、香りが出たらひき肉を炒めてお酒をふる。豆板醤をたっぷり入れて水と豆腐とねぎを加えてちょっと煮る。最後にしょうゆで味を整え、片栗粉でとろみをつけてラー油もたっぷり入れて完成!
    主な調味料は豆板醤とラー油だけなのですが、本格的な調味料をたくさん使って作ったような味がします♪


    ②フェンネル
    P1060895.jpg
    このステキな姿。いつか試してみたいと思っていながらようやくトライしました。
    まずは薄く切って生食。中華料理に使う八角のようなさわやかな香りがしてきます。食感は見た目どおりシャキシャキで味そのものはちょっと甘みがある感じ。生食するにしては個性がやや強めなので、我が家には不向きと思い、シチューに入れてみました。だんなはシチューをはじめとするクリーム系が嫌いなのですが、この使い道としてシチューしか思いつかなかったのです。シチューではごはんが進まないから苦手、とのことだったので、今回は茹でたショートパスタにこのシチューをかけて出したところいい食べっぷりでした。
    これもフェンネル効果・・・といいたいところですが、煮込んだ結果、作った本人だけが感じられる程度の香りがついた感じで、シチュー全体の味に強い影響はなかったです。一緒に煮込んだ玉ねぎとよくよく注意しないとほとんどわからないくらいです。
    ただ、ネットで調べてみると美容と健康に効能が多いらしいし、物価の高い中で一玉2ドルもしないのでステキな野菜だと思います。


    ③ドーナツ
    お友達アンさんのブログを見ていたら無性にドーナツが食べたくなりました。
    料理本はほとんど日本においてきたので、ネットで検索して「きょうの料理」のレシピで作ることにしました。
    混ぜすぎとか気にせずに、えいやっと生地をこねてまとめて、揚げるだけ。粉も家には2種類ないので、全てオールパーパスフラワーで作りました。
    P1060896.jpg
    半分はきなこつき。半分はそのまま。
    やっぱり揚げたては至福のおいしさです。。。しあわせ。



    そして、ドーナツを揚げただけで油を捨てるのはもったいないので、今日の夜ごはんはとんかつにしました。
    しかも、つけあわせのサラダはいただきもの。学校に行ったら隣の部屋でケータリングのパーティーをやっていてそのおすそわけでいただいたもの。
    P1060892.jpg
    スープは干し椎茸とごぼう、鶏肉のスープです。荷物整理をしていたら台所道具の中から干し椎茸を発見。こっちにくるときの荷物に入れたのをすっかり忘れていました。。。ちょっと得した気分です。










  • スケート
  • いつもこの時期、わたしは風邪を引くのですが、今年ももれなくダウンしました。
    日本ではちょっと具合が悪ければすぐ近所のお医者さんに行っていたのですが、こちらではそういうわけにもいかないので(ウォークインクリニックに行ってずーっと待っているのであれば、ちょっとくらいの具合悪さなら家で寝ているほうがずっとよい)ので、日本から持ってきた薬を飲み、おとなしく過ごしていましたが、ようやく回復してきたので、さっそくお友達とスケートに行ってきました。

    今回は、冬のトロント名所のCity Hall前の屋外スケート場へ。
    午後早い時間に行ったらそんなに混んでいませんでした。
    靴はレンタルしましたが、リンク自体が無料なのは嬉しいかぎりです。
    スケートは小学生以来なので、最初はへっぴりごしのおっかなびっくりで氷の上で歩いているだけ。でも30分もするとある程度滑れるようになってきて、楽しい、楽しい♪
    この日も気温はマイナス5度くらいあって、整氷のための待ち時間にじっとしているのはけっこう寒かったけど、雪がふっていなかったのが幸いでした。
    屋外でのスケートはとっても気持ちよかったです。
    スケート
    トロントにいるうちにまた行きたいけど、一人スケートって一人カラオケと同じくらい行くまでの勇気がいるので、またお友達につきあってもらうことにします。


    そして、夜ご飯は、そのお友達夫婦と「伯爵名宴」という中華料理屋さんへ。
    BloorとWellesleyの間のBay沿いにある、外観がとっても豪華絢爛きらびやかなレストランでした。
    きらびやかというか、ゴージャスというか派手というか。。。
    ちょっと最初に入るにはドキドキしてしまうようなお店です。
    内装もしかりで、メニューを開いて値段を見るまではドキドキしてしまうくらいのゴージャスさでした。
    本当は点心を食べに行ったのですが、夜はメニューにはなく、しかも夜はお値段もそれなりっぽいのです。「逃げるか?」など冗談をいいながらも、その中から良心価格のコース料理を頼んで食べました。
    P1060837.jpg P1060836.jpg P1060835.jpg
    メニュー名は覚えていませんが、
    ・シーフードのスープ
    ・青梗菜と湯葉の煮浸し
    ・イカとマッシュルームのわさびクリーム煮みたいなもの
    ・えびの炒め物
    ・コラーゲンたっぷりっぽい鶏肉煮
    ・パパイヤが入った温かいフルーツポンチ
    ・月餅みたいなお菓子
    と結構品数があって一人25ドル(税、チップ抜き)でした。しかも美味!!
    夜のコースで、あの豪華絢爛な雰囲気の中、これだけのお料理が食べられてこの値段。いいお店でした♪


  • カナダ産
  • メープルシロップとサーモンと赤毛のアン、バンクバーオリンピックがあった国。
    カナダに来る前は、カナダに対してのイメージはそれくらいしかありませんでした。

    でも、世界で有名な物や人が実はカナダからだった、ということが意外に結構あることを知りました。
    キアヌ・リーブス、セリーヌ・ディオン、ジャスティン・ビーバー、MAC(化粧品)、Blackberry携帯、、、

    中でも驚いたのが、バドワイザー。
    バドガールのイメージから勝手にアメリカだと思っていましたが・・・
     ↑
    訂正です!申し訳ありません!早とちりでした。。。
    最初にこの記事をアップした時点ではこのように書いてしまいましたが、本当はやっぱりバドワイザーはアメリカのブランドでした。ワキさん、教えていただいてありがとうございます!!
    缶の表示にすっかり感心して信じきっていましたが、カナダで醸造しているというだけなのですね。
    最初の記事を読んでしまった方、本当にすみませんでした。。。


    今年の目標「早とちりを減らす」に決定です。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。